医療レーザー脱毛 皮膚科・美容外科一覧

MENU

デリケートゾーンの脱毛

ハイジニーナ

ムダ毛の自己処理はトラブルの元、特にデリケートゾーンの脱毛には注意しなければなりません。その理由はデリメートゾーンは本当にデリケートなためです。女性のデリケートゾーンはばい菌が繁殖し易い、そして炎症をおこしやすいという性質を持っています。

 

男性にも言えるかもしれませんが、しかし男性のそれよりも湿度が高く保たれることが多い為に蒸れ易いので、それが菌の繁殖を促すことに繋がるのです。また、炎症をおこした時にも治りにくいので、お手入れ、特にデリケートゾーンの脱毛には注意が必要になってきます。

 

デリケートゾーンの自己処理を行おうとすると、ムダ毛の処理のみに意識が行き、脱毛した後の肌のケアが疎かになってしまうのですが、これによってまず色素沈着というトラブルが起こる可能性が出てきます。毛抜きで毛を抜いたりカミソリを使うことは肌を傷つけることでもあるので、このトラブルは当然考えられるでしょう。

 

また同じような理由からですが肌荒れトラブルもデリケートゾーンの脱毛を自己処理で行うと招いてしまう可能性があります。その上治りにくいわけですから、もしかしたら肌がボロボロになってしまう可能性も否定できません。

 

Vゾーンはさほどでもありませんが、Iゾーンの自己処理については特にこういったトラブルに見舞われることが多いので、やはりデリケートゾーンの脱毛は自分で行わない方がいいでしょう。メリットはお金がかからないことくらいで、トラブルの発生を考えたらデリケートゾーンの脱毛を自己処理で行うことは決して有効な手段だとは言えません。

デリケートゾーンの色素沈着は医療脱毛で薄くなる?

レーザー脱毛でツルツルなお肌になるなんてキャッチをよく見かけますよね?色も白くなったみたいなんて思われる方も多いのですが、VIOラインの医療レーザー脱毛を行うと色素沈着は薄くなるのか気になるところですよね。

 

レーザー治療の中にはシミを薄くしたり、ニキビ跡をきれいにするといったものがあります。しかし医療レーザー脱毛を行う機械とはそもそもレーザーの機械が異なるため、医療レーザー脱毛を行っても色素沈着が薄くなって黒ずみが消えるといったことはありません。

 

デリケートゾーンの色素沈着でお悩みの方は、今はデリケートゾーン黒ずみ専用のクリームがあるのでそれを使ってみるといいかも知れませんね。

 

デリケートゾーンの黒ずみ専用ジェル

 

今は本当に良い時代になりましたね。(笑)

デザイン脱毛

デザイン脱毛

全ての毛を取り除いてしまうのではなく、ある部分に関しては残しておく、また毛を部分的に毛を薄くするなどするのがデザイン脱毛です。女性のデザイン脱毛としては眉毛に対してとVゾーンやハイジニーナに対して行うのが一般的です。(男性だとヒゲをデザイン脱毛する人がいます。)

 

デザイン脱毛は、自分ではうまくできませんからクリニックにお願いすることになりますが、毛を薄くしたりするのであればさほど気にしなくてもいいかもしれませんが、まさしくデザインをしてしまい(眉毛を細くしすぎてしまったり、Vゾーンをハート型やひし形に残すといった)後悔することにならないよう気をつけたいところです。

 

デザイン脱毛をやるなら日頃からデザイン脱毛に対応していて症例数の多い所にお願いすることをおすすめします。

デリケートゾーンの脱毛やデザイン脱毛関連ページ

医療レーザー脱毛について
医療レーザー脱毛をクリニックで受けた方がいい理由など。
医療レーザー脱毛の効果
医療レーザー脱毛の効果や副作用など。
一度では終わらない理由
医療レーザー脱毛が1度では終わらない理由について。
医療レーザー脱毛の歴史
歴史は意外と浅かった。
レーザー脱毛の機械の種類
医療レーザー脱毛の機械もどんどん進化しています。
医療レーザー脱毛の料金
やっぱり気になる医療レーザー脱毛の料金について。
医療レーザー脱毛の施術の流れ
医療レーザー脱毛を受ける時はだいたいこんなふうな流れです。
脱毛クリニックを選ぶポイント
医療レーザー脱毛の料金だけでクリニックを選んでいませんか?
レーザー脱毛を受けられない人
こんな人は医療レーザー脱毛、ひとまず見送った方がよさそうです。
医療レーザー脱毛の可能部位
ここまでできる!医療レーザー脱毛の可能部位。
エステサロンの脱毛について
医療レーザー脱毛とエステサロンの脱毛の違いなど。
家庭用脱毛器や脱毛の自己処理
自己処理はこんなところに注意して。
全身脱毛
今人気の全身脱毛について。