医療レーザー脱毛 皮膚科・美容外科一覧

MENU

レーザー脱毛の機械の種類

ここ最近、レーザー脱毛の機械もどんな機械を使って施術を行っているのか注目されてきました。なぜならば、レーザー脱毛の機械がどんどん進化して、痛みをほとんど感じなくてすむ機械がでてきているからです。レーザーの名称であったり、機械の名称であったりと呼び方もまだまだ統一されていませんが、とにかく異なる種類のレーザー脱毛機をそろえているところはおすすめです。

 

ただし、痛みに弱いと言う方のために麻酔クリームを用意しているクリニックもありますので、脱毛クリニックを選ぶ時のポイントのひとつと考えておいてください。

 

以下、脱毛に一般的に使われているレーザーや機械を記してみました。

 

 

 

・アレキサンドライトレーザー
アレキサンドライトという宝石を用いて755nmという波長を出します。このレーザー光は、メラニン色素に反応する性質があり、シミやアザの治療の他にもパルス幅を長くしていわゆる脱毛レーザーとしても普及しています。ロングパルス・アレキサンドライトレーザー、ALEXレーザーなども良く使われています。

 

・ダイオードレーザー
レーザー光源としてダイオードを使用して患部を照射し、加えて集中冷却システムにより患者さんの不快感を少しでもやわらげるように工夫されています。軟毛(細い毛)の脱毛に効果がある事が実証されており、より高度な脱毛が可能です。

 

・YAGレーザー
強力な赤外線を放出するレーザーで従来のレーザー脱毛器に比べ波長が長くメラニンへの吸収率は低いようですが、日焼けをした肌でも安全性は高いとされています。

 

・ライトシェア・デュエット(機械の名称)
今までのダイオードレーザーと異なるところはほとんど無痛で、ジェルや冷却などの準備もなく、照射面積も広いため従来の施術の1/3ほどの時間でスピーディーに施術できます。痛みがほとんどない理由については、吸引によって皮膚を伸ばし毛のメラミンのみ選択的にレーザー照射ができるので、レーザー出力が弱くても効果的な脱毛作用が得られるためなんだとか。

 

・ソプラノアイス(機械の名称)
毛包をターゲットとする蓄熱式のダイオードレーザーのため、肌質や毛質を選ばず、痛みを伴わない脱毛を行うことが可能、産毛やうすい毛も効果的に脱毛できます。炎症が起きている場合は施術できませんが、日焼け後でも商社が可能です。

レーザー脱毛の機械の種類関連ページ

医療レーザー脱毛について
医療レーザー脱毛をクリニックで受けた方がいい理由など。
医療レーザー脱毛の効果
医療レーザー脱毛の効果や副作用など。
一度では終わらない理由
医療レーザー脱毛が1度では終わらない理由について。
医療レーザー脱毛の歴史
歴史は意外と浅かった。
医療レーザー脱毛の料金
やっぱり気になる医療レーザー脱毛の料金について。
医療レーザー脱毛の施術の流れ
医療レーザー脱毛を受ける時はだいたいこんなふうな流れです。
脱毛クリニックを選ぶポイント
医療レーザー脱毛の料金だけでクリニックを選んでいませんか?
レーザー脱毛を受けられない人
こんな人は医療レーザー脱毛、ひとまず見送った方がよさそうです。
医療レーザー脱毛の可能部位
ここまでできる!医療レーザー脱毛の可能部位。
エステサロンの脱毛について
医療レーザー脱毛とエステサロンの脱毛の違いなど。
家庭用脱毛器や脱毛の自己処理
自己処理はこんなところに注意して。
デリケートゾーンの脱毛やデザイン脱毛
デリケートゾーンの脱毛やデザイン脱毛について。
全身脱毛
今人気の全身脱毛について。